健康補助食品の効能や成分を知り健康に役立てる

手軽な野菜摂取

ベースは常温の水がベスト

手軽に野菜が取れると言うことで、女性を中心に人気となっているのがスムージーです。しかし、スムージーを自宅で作る上で注意しなければならない点があります。 野菜は、なるべく葉物が良いです。葉物とは、小松菜やほうれんそう、水菜です。これにバナナや桃等の果物を足します。葉物以外のにんじんや、かぼちゃ等は、タンパク質が多く、お腹にガスが溜まりやすくなります。よって、基本は葉物と果物と言うことになります。 またベースですが、こちらは水を使います。牛乳やヨーグルトを一緒に取りたいと言う人もいますが、牛乳やヨーグルトを使うとタンパク質が邪魔して、栄養を吸収しにくくなってしまいます。また、水は常温の物を使うと体が冷えません。

時々変化を持たせてみる

手軽ではあるものの、スムージーは美味しくなければ続けることはできません。美味しいスムージーには、多少の甘みが必要です。甘みを調整するのにお砂糖を足す人もいますが、自然な物で作りたいのなら、ハチミツがベストです。また甘みの強い果物を使うのも1つの方法です。 葉物とよく合うのは、バナナです。バナナは食物繊維も豊富なので、便秘にもよく効きます。また腹持ちが良く、糖質を含んでいるので朝のエネルギー源としても非常に適しています。ついつい同じ野菜で作ってしまいますが、葉物野菜を時々変えたり、バナナを桃にしてみる等、少しずつ変化を持たせることも大切です。人間同じ物ばかり食べていると飽きてしまうので、続けるためにメニューを変えると良いです。